マイクロソフトは2010年6月17日、Officeの最新バージョン「Office 2010」の一般向け販売を開始する。これに合わせてパソコンメーカーからも、Office 2010をプリインストールしたパソコンが一斉に発売される。このプリインストール版のOffice 2010に関しては、注意すべきことがある。

 それは、従来のプリインストール版Officeと違って、初回起動時にプロダクトキーの入力と、ライセンス認証が必須となる点だ。従来のプリインストール版Officeは、パソコンの初期設定が完了すると、すぐに使える状態になっていた。プロダクトキーの入力やライセンス認証が必要となるのは、パソコンをリカバリーした場合など、Officeを再インストールする必要が生じたときだけだ。

 一方、Office 2010では、プリインストール版といえども、初めて起動する際にプロダクトキーの入力を促される。これを入力しないと利用できないので注意が必要だ。プロダクトキーは25けたの英数字で、パソコンに同梱されるインストールDVDに添付されている。

 マイクロソフトでは、「パソコンを取り出した後、箱を捨ててしまうユーザーもいるが、OfficeのインストールDVD(およびそのパッケージ)を紛失してしまうと、初回起動時に必要なプロダクトキーが分からなくなってしまうので気を付けてほしい」(同社インフォメーションワーカービジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー 飯島圭一氏)と注意を呼び掛けている。

 プロダクトキーを入力した後、ライセンス認証が必要になる点も従来版とは異なる。初めてOffice 2010を起動した後、30日以内にインターネット経由または電話でライセンス認証を行う必要がある。通常はインターネット経由で自動的にライセンス認証が行われる設定になっている。

 なお、海外で提供されているプリインストール版Officeは、もともとこのような仕組みが導入されている。これまでは国内のプリインストール版Officeだけが例外的に、プロダクトキーの入力やライセンス認証を行わずに使える仕組みになっていた。これをOffice 2010からは、海外と共通の仕様にしたという。