Western Digitalは2010年4月6日、1万回転/分のHDD「WD VelociRaptor」シリーズの新モデルとして450GBの「WD4500HLHX」と600GBの「WD6000HLHX」を追加した。ディスク密度を300GBと、従来よりも高めたモデルでSerial ATA 6Gbpsに対応する。米国市場での予想実勢価格はWD4500HLHXが299ドル、WD6000HLHXが329ドル。日経WinPCは日本市場での発売に先立ち、量産品を入手。性能を測定した。

 WD VelociRaptorは業務向けのHDD。Serial ATA接続のHDDの多くは高速タイプでもディスク回転数が7200回転/分だが、WD VelociRaptorは1万回転/分と速い。ディスクは小径で、従来モデルと同じく「IcePack」と呼ぶヒートシンクに埋め込む形で取り付けてあり、3.5インチベイに装着する。ヒートシンクのない2.5インチタイプの「WD4500BLHX」「WD6000BLHX」もある。新型のキャッシュ容量は32MB。平均シークタイムは読み出しが3.6ミリ秒、書き込みが4.2ミリ秒。消費電力はアイドル時が4.3W、読み書き時が6.2Wとなっている。

Serial ATA 6Gbpsに対応した新型の「WD VelociRaptor 600GB WD6000HLHX」。「IcePack」と呼ぶヒートシンクに覆われている。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回テストに使用したパーツは以下の通りだ。

●テストに使用したパーツ
CPUCore 2 Duo E6850(3GHz)
マザーボードP5K Premium/WiFi-AP(ASUSTeK Computer、Intel P35+ICH9R搭載)
メモリーDDR2-800 1GB×2
OSWindows Vista Ultimate Service Pack 2 32ビット日本語版

 比較のため、前世代のVelociRaptorや他メーカーの高速なHDD、代表的なSSDのテスト結果も掲載した。すべてのHDD/SSDでテストに使用したのは定番の「CrystalDiskMark 2.2」(ひよひよ氏作)。WD VelociRaptor WD6000HLHXだけは最新バージョンのCrystalDiskMark 3.0でも測定した。

 WD6000HLHXはSerial ATA 6Gbpsに対応しているので、Serial ATA 6Gbpsのインターフェースとして、「U3S6」(ASUSTeK Computer)を用意した。U3S6は、USB 3.0とSerial ATA 6Gbpsのコントローラーチップを、PLX Technologyのスイッチチップ「PEX 8613」を経由し、PCI Express 1.1 x4で接続する(関連記事:Serial ATA 6GbpsのHDDをASUSの「U3S6」で検証)。そのほかのHDD/SSDはICHのSerial ATA 3Gbpsで接続した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら