NVIDIAは2010年3月27日、グラフィックスチップの新製品「GeForce GTX 480」「GeForce GTX 470」を正式に発表した。同社が2009年に発表した「Fermi」アーキテクチャーに基づく製品で、同社として初めてDirectX 11に対応した。米国市場での実勢価格は、GeForce GTX 480搭載ボードが499ドル、GeForce GTX 470搭載ボードが349ドル。日本ではそれぞれ6万円台、4万円前後となる見込み。

NVIDIAが発表した新チップ「GeForce GTX 480」。トランジスター数は30億。
[画像のクリックで拡大表示]

GeForce GTX 480を搭載したレファレンスボード。クーラーは2スロットを占有するタイプ。補助電源は6ピンと8ピンだ。
[画像のクリックで拡大表示]

シェーダーなどを削減した下位チップの「GeForce GTX 470」。
[画像のクリックで拡大表示]

GeForce GTX 470を搭載したレファレンスボード。GTX 480搭載ボードとは若干形状が異なる。
[画像のクリックで拡大表示]

 GeForce GTX 480、同470は、「GF100」の開発コード名で呼ばれていた製品。従来の最上位チップ「GeForce GTX 285」とは異なる、新設計のFermiアーキテクチャーを採用した点が大きな特徴だ。

 Fermiアーキテクチャーでは、「GPC(Graphics Processing Clusters)」と呼ぶ機能ブロックでグラフィックスチップを構成する。GPC内には、「ラスターエンジン」が1個と演算器をまとめた「ストリームプロセッサー(SM)」が4個あり、各SMは頂点関連の処理や「テッセレーション」(ポリゴンの自動分割)を行う「ポリモーフエンジン」を備えている。SMは、32個の「CUDAコア」(演算器、シェーダー)のほか、命令キャッシュやスケジューラー、命令発行ユニット、データ用キャッシュなどで構成されている。設計の変更に伴う命令制御の見直しとキャッシュの増強などにより、従来のアーキテクチャーに比べて演算性能を大幅に強化したという。

GeForce GTX 480のダイと特徴。前世代の最上位チップ「GeForce GTX 285」に対し、1.5倍から3.5倍の性能があるという。NVIDIAの資料から抜粋した。
[画像のクリックで拡大表示]

GeForce GTX 480のブロック図。チップ内に4個の「GPC(Graphics Processing Clusters)」があり、それぞれに「ラスターエンジン」と4個の「ポリモーフエンジン」を備える。メモリーコントローラーは64ビット幅×6で最大384ビット幅。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら