MMD(モバイルマーケティングデータ)研究所は2010年2月25日、2月12日~15日に同社が実施した「iPhoneの購入意向に関する意識調査」のアンケート結果を発表した。iPhoneを持たない携帯電話ユーザーを対象に、「iPhoneを購入しない理由は何ですか?」「iPhoneの機能について、あなたはどこに魅力を感じますか?」「今後ソフトバンクモバイル(SBM)以外の携帯電話会社からiPhoneが発売されたら購入したいと思いますか?」という3つの質問を実施している。

 調査結果によれば、NTTドコモユーザーの52.3%、auユーザーの56.8%が「契約キャリアからiPhoneが発売されたら購入する」と回答。iPhoneを持たないSBMユーザーに関しては、「購入するつもりはない」の回答が96.4%となっている。
 iPhoneを購入しない理由については、「使っている携帯電話会社が違うから」という回答が、ドコモユーザーは53.3%、auユーザーは62.0%と、いずれも最多数だった。SBMユーザーでは、「今の携帯電話に満足しているから」が47.2%で1位。同様の回答は、ドコモユーザーで47.6%、auユーザーで50.4%と、他の2キャリアでも高い割合となっている。
 魅力を感じるiPhoneの機能については、どのキャリアのユーザーも3割程度が「インターネット」「タッチディスプレイ」「iPod機能」と回答し、上位3位を占めた。
 
 調査にあたっては、モンキータウン、幻創文庫、ピーカチSNS、着メロドットコム、タダ電コム、ひまクリのモバイルメディア6サイトが協賛し、1607の有効回答を得た。