AMDは2010年2月25日、中上級機向けグラフィックスチップ「ATI Radeon HD 5830」を発表した。同HD 5800シリーズの最下位モデルとなり、同HD 5850と同HD 5770の中間に位置付けられる。DirectX 11に対応する。米国市場での予想実勢価格は250ドル以下。

Sapphire TechnologyのATI Radeon HD 5830搭載ボード「SAPPHIRE HD5830 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP」。クーラーは大型で2スロット分を占有する。実勢価格は2万円台後半。
[画像のクリックで拡大表示]

 ATI Radeon HD 5830の製造プロセスは40nmでトランジスター数は21億5000万。1120個のシェーダーを備えており、コアの動作周波数は800MHz。対応メモリーはGDDR5で最大1GBを搭載できる。メモリーの動作周波数は1GHz、転送レートだと4GHz相当になる。消費電力はアイドル時が25W、最大175Wとなっている。DisplayPort経由で最大6画面へ同時に出力できるマルチディスプレイ技術「ATI Eyefinity」に対応。表示解像度は最大2560×1600ドット×6画面だ。

ATI Radeon HD 5830の主な仕様。動作周波数はコアが800MHz、メモリーが4GHz相当となる。
[画像のクリックで拡大表示]

位置付けはATI Radeon HD 5850と同HD 5770の中間になる。各種性能テストの結果も2製品の間に位置している(AMDの資料を抜粋)。
[画像のクリックで拡大表示]

ATI Radeon HD 5830と下位モデルや上位モデルの主な仕様(AMDの資料を抜粋)。
[画像のクリックで拡大表示]

 Sapphire Technology、Tul、玄人志向などは同日、ATI Radeon HD 5830搭載製品を一斉に発表した。実勢価格は2万8000~2万9000円となる。

TulのATI Radeon HD 5830搭載ボード「AX5830 1GBD5-PPDH」。動作周波数はコアが825MHz、メモリーが4.2GHz相当にオーバークロックしている。実勢価格は2万9000円。
[画像のクリックで拡大表示]

玄人志向のATI Radeon HD 5830搭載ボード「RH5830-E1GHD/DP/OC」。Tul製と同じく、動作周波数はコアを825MHz、メモリーを4.2GHz相当にオーバークロックしている。実勢価格は2万8000円。
[画像のクリックで拡大表示]