米キングストンテクノロジーは、MLC素子を採用した低価格SSD「SSD Now V」の新モデルを2010年2月15日から順次発売する。Windows 7の「Trimコマンド」に対応する。容量は30GB、64GB、128GBの3タイプがある。価格はオープン。

 SATA接続で、2.5インチHDDサイズ。Trimコマンドは、SSDのどのデータブロックが書き込みに適しているかを分析して効率的な書き込みを実行する。これによって、従来モデルと同等に価格を抑えたまま高速化できたという。

 30GBモデルの「SNV125」は順次読み出し速度が毎秒180MB、順次書き込み速度が同50MB、64M/128GBモデルの「SNV425」は、順次読み出し速度が同200MB、順次書き込み速度が同110MB。故障自己診断機能S.M.A.R.T.に対応する。

 ドライブ単体のほか、3.5インチブラケットやSATAデータ/電源延長ケーブルが付属する「デスクトップ・バンドル」、USB接続の2.5インチ外付け型ケースが付属する「ノートブック・バンドル」も用意した(30GBはデスクトップ・バンドルのみ)。