AMDは2010年2月4日、新グラフィックスチップ「ATI Radeon HD 5450」を発表した。DirectX 11に対応した同社の「ATI Radeon HD 5000」シリーズの最下位モデルであり、搭載ボードは5000円前後からと安い。日経WinPCは、ATI Radeon HD 5450搭載ボードの量産品を入手。前世代の製品や競合するNVIDIA製チップを搭載したボードと併せ、性能と消費電力を調べた(関連記事:AMDが「ATI Radeon HD 5450」発表、低価格機向けでDirectX 11対応)。

 ATI Radeon HD 5450は、現在AMDが主力に位置付けるATI Radeon HD 5000シリーズの最下位モデル。従来、最低価格帯を担っていた「ATI Radeon HD 4350」「同4550」の後継となる。ATI Radeon HD 4550とシェーダーやテクスチャーユニットの数、メモリーの動作速度は同じ。ヒートシンクのみでも冷却できる点やPCI Express 6ピンの補助電源が不要な点も変わらない。大きな違いは、DirectX 11に対応していること。また、ATI Radeon HD 5450は3画面へ同時に出力できる「ATI Eyefinity」もサポートしている。下に、上位モデルや従来モデルとの主な仕様の違いをまとめた。

●ATI Radeon HD 5450と前世代品や上位モデルの主な仕様
チップ名称56704670545045504350
製造プロセス40nm55nm40nm55nm55nm
トランジスター数6億2700万5億1400万2億9200万2億4200万2億4200万
コア動作周波数775MHz750MHz650MHz600MHz600MHz
シェーダー数400個320個80個80個80個
テクスチャーユニット数20個32個8個8個8個
ROP数(Color+Z/Stencil)8個+32個8個+32個4個+16個4個+16個4個+16個
メモリー 種類GDDR5GDDR3/DDR3DDR3/DDR2GDDR3/DDR3/DDR2DDR2
メモリー 容量512M/1GB512M/1GB最大1GB256M/512M256MB
メモリー 動作周波数4.0GHz2GHz/1.8GHz最大1.6GHz1.6GHz1GHz
メモリー バス幅128ビット128ビット64ビット64ビット64ビット
ボードの消費電力(アイドル時/負荷時)14W/61W最大59W6.4W/19.1W最大20W最大20W

 テストに使用したパーツ構成とグラフィックスボードは以下の通りだ。ドライバーは、NVIDIA製チップは「GeForce/ION Driver Release 196(バージョン196.21)」。ATI Radeon HD 5450搭載品は評価用にAMDが提供した「ATI Catalyst Display Driver(Version 10.1)」。このほかのAMD製チップは「ATI Catalyst Display Driver(Version 9.12)」。ATI Radeon HD 5670搭載品だけはなぜか、AMDのWebサイトにあるドライバーが適用できなかったため、製品に付属していたドライバーを使用した。

●テストに使用したパーツ
CPUCore i7-965 Extreme Edition(3.2GHz)
マザーボードP6T(ASUSTeK Computer、Intel X58搭載)
メモリーDDR3-1066 2GB×3(モジュールはPVT36G1600LLK、Patriot Memoryを使用)
起動ドライブBarracuda 7200.12 1TB(Seagate Technology)
電源ユニットXseries SS-750KM(Sea Sonic Electronics、定格出力750W)
OSWindows 7 Ultimate 64ビット日本語版

●テストに使用したグラフィックスボード
チップ名称搭載ボード
ATI Radeon HD 4350SAPPHIRE HD4350 512M DDR2 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA(Sapphire Technology)
ATI Radeon HD 4550RH4550-LE512HD(玄人志向)
ATI Radeon HD 5450SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E VGA/DVI-I/DP(Sapphire Technology)
ATI Radeon HD 4670RH4670-E512HD(玄人志向)
ATI Radeon HD 5670SAPPHIRE HD5670 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP(Sapphire Technology)
GeForce 210GE210-LE512HD/D3(玄人志向)
GeForce GT 220ENGT220/DI/1GD3(LP)/A(ASUSTeK Computer)
GeForce GT 240ENGT240/DI/512MD5/A(ASUSTeK Computer)

ATI Radeon HD 5450を搭載した「SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E VGA/DVI-I/DP」(Sapphire Technology)。同社は、メモリー容量や端子の違いで5モデルをリリースした。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら