2010年1月4日、CPUにAtom D510を搭載したMini-ITX規格のマザーボード「D510MO」(Intel)が発売になった。実勢価格は8500円。Atom D510は「Pine Trail(パイントレール)」の開発コード名で呼ばれていた小型PC向けの新型CPU。従来はチップセットに内蔵していたグラフィックス機能やメモリーコントローラーをCPUの演算コアに統合した点が特徴だ。日経WinPC編集部はD510MOを入手。性能や消費電力を測定し、従来のAtomと比較した。

Atom D510を搭載したマザーボード「D510MO」。CPUに巨大なヒートシンクを装着している。ヒートシンクの寸法は幅52×奥行き87×高さ36mm(実測値)もある。
[画像のクリックで拡大表示]

 Atom D510はIntelが2009年12月に発表したデスクトップPC向けのデュアルコアCPU。動作周波数は1.66GHz。2次キャッシュは合計1MB。Hyper-Threadingに対応し、最大4スレッドまで同時に処理できる。64ビットに対応、SSSE3までの拡張命令を備えるが、省電力機能の「拡張版SpeedStep」や仮想化機能(VT-x)には非対応。最近のCore i7/i5が備える「Turbo Boost」もない。TDP(熱設計電力、事実上の最大消費電力)は13W。製造プロセスは45nmで、従来のAtomを踏襲している。

 Atom D510に内蔵するグラフィックス機能は「Intel Graphics Media Accelerator 3150」。グラフィックス機能の動作周波数は400MHz。DirectX 9に準拠でシェーダーモデル2.0に対応している。「Clear Video」という動画再生支援機能を搭載しており、MPEG-2形式の動画ファイルの再生時にCPU負荷を低減できる。新型AtomにはシングルコアのAtom D410もある。動作周波数や対応する拡張命令など基本設計は共通だ。TDPは10WとデュアルコアのAtom D510よりも低い。

 これまでデスクトップPC向けのAtomとしては、デュアルコアの「Atom 330」、シングルコアの「Atom 230」があった。Atom D510やAtom D410はそれらの後継CPUとなる。内部の演算コアは大きく変わっていない。動作周波数は1.6GHzでHyper-Threadingを搭載することや、対応する拡張命令もほぼ同じだ。TDPはAtom 330が8W、Atom 230が4W。Atom D510やAtom D410のTDPはAtom 330やAtom 230よりも高いが、これはCPU演算コアにグラフィックス機能とメモリーコントローラーを内蔵したため。チップセットを含めたシステム全体で考えるとTDPは下がっている。

 下にD510MOの主な仕様をまとめた。

●D510MOの主な仕様
D510MOの仕様。CPUにAtom D510、チップセットに「Intel NM10 Express」を搭載する。
メーカー名Intel
製品名D510MO
CPUAtom D510(1.66GHz)
チップセットIntel NM10 Express
形状Mini-ITX(幅170×奥行き170mm)
拡張スロットPCI×1、PCI Express Mini Card×1
メモリーDDR2-800×2
最大メモリー容量4GB
ストレージSerial ATA 3Gbps×2(NM10 Express)
サウンドHD Audio対応5.1チャンネル(Realtek ALC662)
ネットワークGigabit Ethernet(Reaktek RTL8111DL)

従来AtomにあったCPU用4ピンコネクターは無く、24ピンのメイン電源コネクターのみ。メモリーはDDR2-800/667対応でスロットは2本。最大4GBまで搭載可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

背面端子部分。左からPS/2×2、アナログ出力のミニD-Sub15ピン、USB×4、Gigabit Ethernet、オーディオ入出力。
[画像のクリックで拡大表示]

サウンドコーデックチップは5.1チャンネル対応の「ALC662」(Realtek Semiconductor)を搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]

ネットワークコントローラーは「RTL8111DL」(Realtek Semiconductor)。PCI Express接続のチップだ。チップセットのIntel NM10 Expressは、ネットワーク機能として物理層チップ「Intel 82552V」と組み合わせられる論理層を内蔵するが、D510MOでは利用していない。
[画像のクリックで拡大表示]

Atom D510。演算コアとIntel GMA 3150グラフィックス、メモリーコントローラー機能を1つのダイ(半導体本体)に統合している。ダイは中央に1個あるのみ。従来のAtom 330ではダイが2個だった。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら