Intelは米国時間の2010年1月7日に「マイクロアーキテクチャーNehalem」を採用した新しいCoreブランドのCPUを発表する。1月7日から米国で開催される展示会「2010 International CES」の概要説明で明らかにした。

 新CPUは、同社として初の32nmプロセスで製造した演算コア(開発コード名はWestmere)を実装。45nmプロセスで製造したグラフィックス機能と併せて1パッケージに収める。デスクトップPC向けCPUは「Clarkdale」、ノートPC向けは「Arrandale」の開発コード名で呼ばれていた。

 現行のCore i7、Core i5に加え、ブランド名だけ明らかにしていたCore i3シリーズとしても製品が登場する。1個のコアで2スレッドを処理する「Hyper-Threading」や、発熱が少ないときに自動で動作周波数を引き上げて性能を高める「Turbo Boost」も備えるという(Core i3はTurbo Boost非対応)。