バイドゥは2009年12月16日、日本語入力ソフト「Baidu Type」のベータ版を公開した。インターネット上の文書を基に辞書を生成するため、芸能人の氏名や新語の入力に強いなどの強みがあるという。グーグルが12月3日に公開した「Google 日本語入力」と同様のアプローチだ。Baidu Typeは同社のWebサイトからダウンロード可能。対応OSはWindows XPのみ。

 Baidu Typeは、インターネット上の文書を解析し、語の出現頻度などを解析。その結果を基に、統計的に仮名漢字変換の結果を提示する。これにより、新語やくだけた表現などもスムーズに入力できるという。一部の文字を入力しただけで、それに続く単語を予測して表示することも可能。Google 日本語入力とは異なり、ユーザーの過去の入力履歴を基に予測候補を提示する。このほか、顔文字の入力機能や、色を変えられるスキン機能なども持つ。

 なお、インターネット上の文書から辞書を自動生成するという仕組み上、日本語として不正確な表現などが候補として提示される可能性もあるという。今後、改善を重ねていくとしている。