相栄電器は2009年11月19日、デフラグツールの新版「Diskeeper 2010」日本語版を発表した。特徴は、ファイルの断片化を事前に防止する機能を搭載したこと。ダウンロード版は同日より販売を開始。パッケージ版は12月18日に発売する。パッケージ版の価格は「Home」版が6500円、「Professional」版が7800円など。

 Diskeeper 2010が新たに搭載したのは、「IntelliWrite」と呼ぶ技術。ファイルの断片化を事前に検知し、ファイル書き込みを制御して断片化を防止するという。最大で85%の断片化を防止できるとしている。防止できなかった部分は自動デフラグ機能で解消。いずれも自動的に処理するため、ユーザーが特別な操作をする必要はない。

 Professional以上のエディションには、高速化技術「I-FAAST」を搭載。従来のデフラグ処理に比べて10~80%高速化したという。

 Home版は、3500本限定で「3,500万本突破記念キャンペーン版」という特別パッケージを提供する。無料で2台目のパソコンにも利用できる特典が付く。