富士通は2009年9月28日、携帯電話に内蔵したセンサーを利用して、持っている人の体の動きを立体的に測定する「3Dモーションセンシングエンジン」技術を開発したと発表した。健康支援やスポーツ支援、生活行動支援などのサービスに活用してゆく。サービスの第一弾として、ゴルフスイングのチェックができるケータイアプリ「ETGAスウィングレッスン」を開発した。

 「3Dモーションセンシングエンジン」は、身体運動時の一定時間内の腰の回転量や腰の向きが、運動パターンごとに異なる点に着目。特徴点を検出することで運動パターンを分析する。法政大学教授の渡辺嘉次郎氏が社長を務める「センシング・コントロール・ラボ」(本社:東京都小金井市)と協力して開発した。

 「ETGAスウィングレッスン」は、身体運動データからスイングフォームの軌道を分析し、スイングの診断を行う。加速度センサーとジャイロセンサーを搭載した携帯電話を腰の部分に装着するだけでよく、評価とアドバイスが受けられるほか、自己の過去のベストスイングと比較もできる。プロゴルファーの江連忠氏が監修した。

 またスイングデータのアップロード機能を搭載して、アプリ単体ではできないさまざまなサービスも展開可能。対応端末の発売時期は未定だが、発売の際にはゴルフダイジェスト・オンラインとのコラボレーションによるネットワークサービス「ゴルフスウィングチェックサイト(仮称)」を提供する予定。10月6日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2009」に出展し、体験コーナーを設ける。