ドイツのセキュリティ企業アバイラ(Avira)は2009年9月16日、同社が提供する無料のウイルス対策ソフト「AntiVir Personal(アンチウィル パーソナル)」の日本語版を2009年末までに提供することを明らかにした。

 アバイラでは1999年9月から、個人ユーザー向けのウイルス対策ソフトを無料で提供している(非商用利用に限る)。当時の社名は「H+BEDV(ハーウントベドゥフ)」、無料ソフトの名称は「AntiVir Personal Edition」。同社は、2004年に新ブランド「Avira」を立ち上げ、同ブランドでの製品展開を開始。2006年3月には、社名もアバイラに変更した。

 無料ウイルス対策ソフトの最古参の一つであるためユーザー数は多く、同社情報によれば、世界中で1億人以上に使われているという。

 現在、AntiVir Personalが用意しているのは、英語、ドイツ語版、イタリア語版、フランス語版。そして今回、無料版の10周年を記念したキャンペーンの一環として、日本語版、ロシア語版、スペイン語版を2009年末までにリリースすることを発表した。

 日本語版が用意されている無料のウイルス対策ソフトとしては、チェコのアルウィルソフトウエアが提供する「avast! Home Edition」、同じくチェコのAVGテクノロジーズによる「AVG Anti-Virus Free Edition」などがある(いずれも個人の非商用利用に限る)。マイクロソフトも、無料のウイルス対策ソフト「Security Essentials」正式版を年内に提供予定。AntiVir Personalについても、日本語版がリリースされれば、無料ウイルス対策ソフトの選択肢の一つになるだろう。

 上記のソフトには、ウイルス対策(マルウエア対策)以外の機能はない。市販のセキュリティ対策ソフトの多くが備えるファイアウオール機能や迷惑メール(スパム)対策機能、フィッシング詐欺対策機能、URLフィルタリング機能などは備えていない。