米マイクロソフトは2009年9月1日(米国時間)、携帯端末向けOSの新バージョンWindows Mobile 6.5を搭載した携帯電話「Windows Phone」が、10月6日に全世界で発売されると発表した。

 Windows Phoneは、Windows Mobileを搭載した携帯電話の新コンセプトで、2009年2月に開催された「Mobile World Congress 2009」で発表されたもの。従来版のWindows Mobileはスタイラスペンによる操作が中心だったが、指でタッチする操作にも対応。無料のデータ同期サービス「My Phone」を使ってクラウド上に写真やアドレス帳をバックアップしたり、「Windows Marketplace for Mobile」からアプリケーションをダウンロードして利用したりできる。

 製品を出荷する日本のキャリアとしてはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、製造元としてはHTC、LGエレクトロニクス、サムスン、ソニー・エリクソン、東芝などが挙がっている。

 なお、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの3社はいずれも、10月6日の発売について「現時点では未定」としている。