ジャストシステムは9月1日、Mac用のウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus for Mac」を11月13日(金)より販売開始すると発表した。パッケージ版の価格は、1年版が5145円、2年版が8610円。ダウンロード版は、1年版が4095円、2年版が7560円(いずれも税込み)。

 「Kaspersky Anti-Virus for Mac」をインストールすると、ウイルスやトロイの木馬、ワームはもちろん、スパイウエアやアドウエアなどの脅威も未然に防げる。また、ウイルスのスキャン方法として「完全スキャン」「重要な領域の簡易スキャン」の2種類を用意しており、潜在的に感染しているファイルのウイルス除去と削除に対応できる。さらに、約45分につき1回の間隔で、ウイルス定義ファイルを自動的に更新する。

 ほかにも、ウイルスに感染したファイルを一時的に隔離しておき、必要に応じて再スキャンや復元ができる「隔離」機能や、ファイルを削除する前にバックアップエリアへコピーを作成する「バックアップ」機能なども備えている。

 Mac OS X 10.4.11 以上。最新バージョン「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」対応版は現在開発中だが、発売時期は未定という。Intelプロセッサーを搭載したMacのみ対応する。

 ジャストシステムによれば、Macを使っていてウイルスに不安を感じているユーザーは77%、ウイルス対策ソフトの必要性を感じているユーザーは78%に達しているという。その一方で、実際にウイルス対策ソフトを利用している割合は43%にすぎず、Macもウイルスに感染すると思うと考えているユーザーは82%にも達する(いずれもマクロミル調べ)。今回のMac版投入は、こうしたウイルスに対するMacユーザーの潜在的なニーズに応えたものであり、Macの普及に伴って今後増大するとみられる脅威に備える。

 なお、同時発表したWindows向けの総合セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 2010」とのパッケージ製品「Kaspersky Anti-Virus for Mac + Kaspersky Internet Security 2010」、およびMac用の日本語入力システム「Mac + ATOK 2009 for Mac」を同梱した「Kaspersky Anti-Virus for Mac + ATOK 2009 for Mac」も用意。価格は「Kaspersky Anti-Virus for Mac + Kaspersky Internet Security 2010」が1万290円、「Kaspersky Anti-Virus for Mac + ATOK 2009 for Mac」が1万3440円(いずれも税込み)。

関連記事
  ・ジャストシステムがセキュリティソフトの新版、Mac版も用意