アルプスシステムインテグレーションは2009年7月28日、USBメモリーに記録したデータを暗号化するソフト「InterSafe SecureDevice」を発表した。このソフトを使うと、USBメモリー内のデータを読み書きするのにパスワードの入力が求められるようになる。これにより、USBメモリーからの情報漏えいや、USBメモリーがウイルスに感染することを防止できるという。8月24日から販売を開始する。

 利用方法は簡単。SecureDeviceをインストールしたパソコン(ホストPC)に汎用のUSBメモリーを挿し、SecureDeviceのメニューから、そのUSBメモリーを選ぶだけ。すると、USBメモリー内のデータがすべて暗号化される。

 SecureDeviceは、利用シーンに応じた3つのモードを持つ。

 一つ目は、基本となる「パスワードモード」。このモードで運用すると、ホストPC以外のパソコンにUSBメモリーを挿した場合にパスワードが求められる。パスワードを正しく入力すれば、データが復号され、そのデータをパソコンにコピーしたり、逆にパソコンのデータをUSBメモリーにコピーしたりできるようになる。

 二つ目の「情報漏洩モード」は、USBメモリー内のデータが漏洩しないように、USBメモリーからパソコンへのデータコピーを禁止したモード。パスワードを入力すれば、USBメモリー内のデータを編集できるようになるが、パソコン上には保存できない。保存できるのは、USBメモリー上だけである。一方、パソコンのデータをUSBメモリーにコピーすることはできる。

 最後の「ウイルス対策モード」は、アクセス制限をさらに厳しくしたモード。USBメモリーからパソコンへのデータコピー、パソコンからUSBメモリーへのデータコピーの両方を許可しない。

 対象OSはWindows 2000/XP/Vista。価格は一般ライセンスとアカデミックライセンスの2種類がある。Windows XP/Vista上で動く管理ソフトと、5ライセンスから成る基本パックが、一般ライセンスは3万9900円、アカデミックライセンスは3万1500円。企業や教育機関、官公庁など、幅広いUSBメモリー使用者をターゲットに、初年度3億円(5万ライセンス)の売り上げを目指すという。