リコーは2009年7月27日、コンパクトデジタルカメラの新機種「GR DIGITAL III」を発表した。レンズ、画像処理エンジン、CCDを新開発。シャッタースピードを短縮し、ノイズ処理性能などを向上した。8月5日に発売する。実勢価格は8万円前後の見込みだ。

 GR DIGITAL IIIには、新開発の「GRレンズ」を搭載した。焦点距離は6mm(35mm換算で28mm)、F値はF1.9と明るい。そのため、F2.4だった従来機よりも早いシャッタースピードで撮影ができるようになった。

 画像処理エンジン「GRエンジンIII」は新開発のノイズリダクション技術を採用。彩度レベルに合わせて色抑制のレベルを調整するなど、ノイズ処理性能を向上させた。また、CCDの感度性能も向上させており、暗いシーンでの高感度撮影により強くなったという。

 GR DIGITAL IIIの有効画素数は1000万画素、撮像素子は1/1.7型のCCD。4倍のデジタルズーム、3.0型、92万ドットの液晶モニターを搭載する。