富士通は2009年6月17日、ネットブック「FMV-BIBLO LOOX-M」シリーズの追加モデルを発表した。本体色は、従来の白と赤に加え、ネット限定販売だった黒、新色の薄紫(ライトラベンダー)を追加。富士通のデザイン担当者は、「ライトラベンダーが成功すれば、さまざまな色にチャレンジするきっかけになる」と意気込む。

 価格はオープンで、マイクロソフトの「Office」なしモデルが6万円前後、「Office Personal 2007」の2年間ライセンス版付きのモデルが7万円前後の見込み。黒と薄紫の2年間ライセンス版モデルはWebサイトでの限定販売だ。Webサイトでは、赤と黒の「Office Personal 2007 通常版」モデルも選択できる。

 従来モデルはCPUがAtom N270(1.6GHz)だったが、追加モデルはAtom N280(1.66GHz)を搭載する。10.1型液晶ディスプレイも、1024×576ドットだった解像度を1024×600ドットに上げた。バッテリーによる駆動時間は、2.6時間から2.7時間に変更した。それ以外の基本仕様は従来モデルと同じ。1GBのメモリー、160GBのHDDを搭載する。OSはWindows XP Home Edition。サイズは幅258×奥行き189×高さ34mmで、重さは約1.2kg。