リンクスインターナショナルは2009年3月下旬、Antec製PCケース「P183」を発売した。P183は人気があったP180シリーズの最新モデル。実勢価格は2万2000円前後だ。同時期に電源ユニット「CP-850」も登場した。CP-850は、ATX規格よりも外形寸法が大きな点が特徴だ。実勢価格は1万8000円前後。この電源ユニットに対応するPCケースは、P183のほかにAntecの「Twelve Hundred」(実勢価格2万5000円前後)がある。日経WinPC編集部は、P183とCP-850のサンプルを入手、これらを組み合わせて使い勝手を評価した。

 P183のシャシーは厚みのあるスチール製で、頑丈な作りだ。側面パネルは、樹脂とアルミ合金を組み合わせている。外形寸法は幅205×奥行き507×高さ540mm、重量は14kgと重い。マザーボードはATXタイプを搭載可能。ベイは5インチ×4、外部3.5インチ×1、内部3.5インチ×6。電源ユニットは付属しない。

左側がP183、右側が前モデルの「P182」だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 前モデルのP182と比べて、P183で変化が大きいのは、前面のデザインと、電源ユニットを取り付ける部分だ。前面カバーの右側や5インチベイカバーにスリットが付いた。5インチベイカバーの裏側には、目の細かい網状のフィルターが貼ってある。

前面カバーの開く向きは同じだ。P183では、天板から飛び出ていたカバーが無くなった。
[画像のクリックで拡大表示]

 前面端子はIEEE 1394aを省き、eSATAを搭載した。P182と同様、前面カバーを固定する鍵があるが、カバーのスリットから電源ボタンに指が届いてしまう。電源ボタンを触らせない目的には適さないだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら