日本ビクターは2008年11月28日、同社が販売促進用に配布したストラップ型USBメモリーの一部にウイルスが混入していたことを明らかにした。Windowsの自動再生(オートラン)機能を悪用するため、該当のUSBメモリーをパソコンに挿入するだけで感染する恐れがある。駆除方法や問い合わせ先などは、同社サイトに掲載されている。

 ウイルス混入が明らかになったのは、2008年7月から11月までに配布されたUSBメモリー(図)。ウイルス混入の可能性があるUSBメモリーの台数は1015。混入しているウイルスは、オンラインゲームのIDとパスワードを盗むもの。同社の情報によれば、対象となるオンラインゲームは「Lineage」「World of Warcraft」「R.O.H.A.N」など。

 該当のUSBメモリーには、ウイルス本体に加え、ウイルスを自動再生(自動実行)するような設定ファイル(autorun.inf)が混入されている。このため、該当のUSBメモリーなどをパソコンに接続するだけで感染する恐れがある。

 特に危ないのはWindows Vistaパソコン。初期設定のままのVistaパソコンでは、該当のUSBメモリーを接続するだけで、中に潜んでいるウイルスが動き出して感染。そのパソコンに接続されているほかの機器にも感染が拡大する危険性がある。

 Windows XP/2000でも油断は禁物。USBメモリーなどを接続するだけでは感染しないものの、「マイコンピュータ」に表示されたUSBメモリーのドライブのアイコンをダブルクリックすると、autorun.infが解釈されてウイルスが動き出す。

 日本ビクターでは、該当製品のユーザーに対して、ウイルス駆除の手順を紹介。今回のウイルスを検出・駆除できることを確認している対策ソフトをリストアップするとともに、無料のオンラインスキャンサービスの利用方法を説明している。また、該当製品の交換にも応じる。

 今回の件の関する問い合わせについては、同社の「お客様相談センター」でも電話で受け付ける。電話番号や受付時間などについては、同社のWebページを参照してほしい。