アイ・オー・データ機器は2008年10月22日、低価格ミニノート「Eee PC」のきょう体内部に装着できる増設SSDを11月上旬に発売すると発表した。32GB品「SSDE-32G」と64GB品「SSDE-64G」の2品種を用意し、価格は順に1万6800円、3万3600円。

 同様の製品は、バッファローが9月に発売済み。今回の新製品投入でアイ・オーも追随する。バッファロー製品ではEee PC 901-Xのみ対応としているが、アイ・オーの製品ではEee PCの新モデル「Eee PC 900-X」「同 701SD-X」にも正式対応している。このほか、(1)バックアップソフト「HD革命/BackUp Ver.7 Lite」とパーティション変更ソフト「同/Partition Lite Ver.1」を添付する(2)フラッシュメモリーやコントローラーICなど実装している基板表面に絶縁シートを貼っている――などを特徴とする。

 同社では、同社が販売する内蔵HDDの購入者を対象に、HDDの換装サービスを実施しているが、このサービスを今回の内蔵SSDでも利用できる。