Intelは2008年9月19日、かねてから存在を明らかにしていたデュアルコア版のAtomを正式に発表した。名称はAtom 330。ノートPCや携帯機器向けではなく、廉価版のデスクトップPCである「ネットトップ」向けのCPUだ。ほぼ同時期に自作PC向けのパーツショップでは、Atom 330を搭載したMini-ITX規格のIntel製マザーボード「D945GCLF2」が販売され始めた。既に販売中のAtom 230を搭載した「D945GCLF」の後継モデルだ。

 日経WinPCはD945GCLF2を東京・秋葉原のパーツショップで購入し、性能と消費電力を調べた。なお、Atomの特徴や性能比較に使用しているCPUの特徴、設定などは、Atomの評価記事(【詳細版】Atom 230とCeleron、Core 2、Athlon X2を比較)や関連記事(VIAのNanoをテスト、Atomより3割速い)で詳しく解説している。合わせてお読みいただきたい。

デュアルダイとHyper-ThreadingでクアッドコアCPUのように動く

 Atom 330は、1つのCPUパッケージにダイ(半導体本体)を2個封入した構造になっている。Core 2 Duoのダイを2個入れたCore 2 Quadなどと同じ作りだ。ネットトップ向けのAtomは、1つのコアで2つのスレッドを同時に処理する「Hyper-Threading」を搭載しているため、Atom 330はソフトウエアから疑似的にクアッドコアCPUとして認識される。

 Atom 330はちょうどAtom 230を2個搭載した構成で、2次キャッシュはコア当たり512KB×2の計1MB。FSBと動作周波数はAtom 230と同じく533MHz、1.6GHzとなっている。TDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)はAtom 230の4WからAtom 330では8Wと倍増している。デスクトップPC向けのCore 2 DuoのTDPが65W、Core 2 Quadが95Wであることを考えると、それでもAtom 330は十分に低消費電力で発熱が少ないとみられる。

 Atom 330を搭載したD945GCLF2も、Atom 230搭載のD945GCLFを踏襲した作りだが、いくつか変更点がある。外観上の特徴はヒートシンクの高さが変わったこと。ファンの付いたチップセット用クーラーが低くなり、CPU用のヒートシンクが高くなった。D945GCLFは、CPU用のヒートシンクが低かったものの、チップセット用クーラーの背が高く、収めるPCケースによっては干渉の問題が生じやすかった。D945GCLF2ではチップセットとCPUのヒートシンクの高さがほぼ同じになり、全体としては低くなっている。

 仕様上の相違点として目立つのは電源コネクターとLAN、背面端子だ。メインの電源コネクターはD945GCLFの20ピンから現在主流の24ピンになった。LANはD945GCLFが100BASE-TXだったのに対し、D945GCLF2ではGigabit Ethernetになっている。コントローラーはRealtek SemiconductorのRTL8111Cだ。また背面端子には、S-Video出力が追加されている。D945GCLFの画面出力は、アナログ用のミニD-Sub15ピンのみだった。動作は確認していないが、オンボードのUSB用ピンヘッダーも2ポート分増えているようだ。

 チップセットはD945GCLFと同じく、グラフィックス機能を内蔵したIntel 945GC。I/Oコントローラーは3世代古いICH7となる。Serial ATAは2ポートと少ないままだ。D945GCLFではメモリーがDDR2-533で動作していたが、D945GCLF2でもそれは変わらなかった。

 評価に使用したCPUとマザーボードは以下の通りだ。

  • 【Atom 330】D945GCLF2(Intel、Atom 330オンボード、Intel 945GCチップセット搭載)
  • 【Atom 230】D945GCLF(Intel、Atom 230オンボード、Intel 945GCチップセット搭載)
  • 【Nano L2100】Nanoプラットフォームレファレンスボード(VIA Technologies、Nano L2100オンボード、CN896チップセット搭載)
  • 【Celeron 220】D201GLY2A(Intel、Celeron 220オンボード、SiS662チップセット搭載)
  • 【C7】MM3500(VIA Technologies、C7-Dオンボード、CN896チップセット搭載)
  • 【Core 2 Duo E7200】GA-G33M-DS2R(GIGABYTE TECHNOLOGY、Intel G33搭載)+Core 2 Duo E7200(2.53GHz、FSB1066MHz、2次キャッシュ3MB)
  • 【Athlon X2 4850e】JW-RS780UVD-AM2+(J&W Technology、AMD 780G搭載)+Athlon X2 4850e(2.5GHz、TDP45W)

 そのほかのパーツ構成は以下の通り。

  • 【メモリー】DDR2-800 1GB×1(JEDEC準拠)
  • 【HDD】WD Caviar GP 500GB(Western Digital、WD5000AACS)
  • 【電源ユニット】EARTHWATTS EA-430(Antec、430W)
  • 【OS】Windows XP Professional Service Pack 3 32ビット日本語版 ※可能なプラットフォームでは省電力機能を有効にした

 今回の記事では、Atom 230やVIAのNanoの評価記事で測定した結果を流用している。テスト結果には、Atom 230や同330と同じ1.6GHz動作のCeleron 420(シングルコア、FSB800MHz、2次キャッシュ512KB)とCeleron Dual-Core E1200(デュアルコア、FSB800MHz、2次キャッシュ512KB)の値も掲載しているが、測定したパーツ構成が全く異なる(P5Q-E、DDR2-800 1GB×2、Deskstar P7K500 500GB、Radeon HD 4850、Windows Vista Ultimate Service Pack 1)。今回のテストはCPU処理に特化しているため、性能のぶれはあまり無いとみられるが、あくまで参考値としてとらえてほしい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら