AMDは2008年9月10日、グラフィックスチップ「ATI Radeon」シリーズの新製品「ATI Radeon HD 4670」「同HD 4650」を発表した(図1)。既に出荷済みの高性能チップ「ATI Radeon HD 4870」「同HD 4850」の下位に当たる、ミドルクラスの製品となる。HD 4670搭載ボードは同日より各ボードメーカーから発売され(図2)、HD 4650搭載ボードは9月末ごろに発売される。

 両チップとも320個の統合型シェーダーを備える。HD 4670はコアの動作周波数が750MHzで、GDDR3かDDR3のメモリーを搭載する。GDDR3メモリーを搭載したときはメモリークロックが2GHz(1GHzのDDR)、DDR3のメモリーを搭載したときは1.8GHz(900MHzのDDR)となる。HD 4650はコアクロックが600MHz、メモリークロックが1GHzとなる(表1)。

 性能を測るため、レファレンスのRadeon HD 4670搭載ボードでベンチマークテストを実行した。

テストに使用した環境は以下の通り

  • 【CPU】Core 2 Duo E8400(3GHz)
  • 【マザーボード】P5Q-E(ASUSTeK Computer、Intel P45搭載)
  • 【メモリー】DDR2-800 1GB×2
  • 【HDD】WD Caviar GP 500GB(Western Digital、WD5000AAKS)
  • 【電源ユニット】NeoPower430(Antec、430W)
  • 【OS】Windows Vista Ultimate Service Pack 1 32ビット日本語版

比較用のグラフィックスボードには以下を使用した。機材調達の都合上、いくつかはオーバークロックモデルだ。グラフィックスドライバーはAMDの製品が8.53-080805a-067874E-ATI、NVIDIAの製品がGeForce Driver177.79を使用した。

  • 【ATI Radeon HD 4670】レファレンスボード
  • 【GeForce 9600 GT】GF9600GT-E512HW/HD(玄人志向)
  • 【GeForce 9500 GT(OC版)】ZT-95TES2P-FCL(ZOTAC International)
  • 【ATI Radeon HD 3650】レファレンスボード
  • 【ATI Radeon HD 3450】レファレンスボード
  • 【GeForce 9400 GT】ZOTAC GeForce 9400 GT ZONE EDITION(ZOTAC International)

 「3DMark06」「3DMark Vantage」(いずれもFuturemark)のテストでは、いずれもNVIDIAのGeForce 9600 GTを下回り、同9500 GT(OC版)を上回る結果となった(グラフ1、グラフ2)。3DMark06は低解像度(1280×1024ドット)と高解像度(1920×1200ドット)の2種類、3DMark Vantageでは「Performance」モードでテストしたが、いずれもHD 4670のスコアは9600 GTの約8割の結果となった。GeForce 9500 GTを基準にすると、HD 4670は3DMark06では約1.2倍、3DMark Vantageでは約1.5倍のスコアを記録した。

 「モンスターハンター フロンティア オンライン ベンチマークソフト」(カプコン)でも3DMarkと同じ傾向の結果となったが、Radeon HD 4670とGeForce 9500 GTとの差は広がった(グラフ3)。

 日置電機の「パワーハイテスタ3332」を利用してシステム全体の消費電力も調べた(グラフ4)。3DMark06の「HDR/SM3.0」のテストにある「Canyon Flight 」を実行し、実行前のアイドル時と実行中の負荷時の電力を測定したところ、Radeon HD 4670は負荷時で約110W、アイドル時で約64Wという結果になった。アイドル時の消費電力は、ローエンドのGeForce 9400 GTやRadeon HD 3450を下回るほど非常に低い。

 負荷時の消費電力もトランジスター数が増えているにもかかわらず、従来モデルのRadeon HD 3650をやや下回った。HD3650の負荷時の電圧は変動が激しいため、HD 4670より電圧が低くなる場合もあるが、4670の方が10W程度低い。ベンチマークテストで、4670を上回ったGeForce 9600 GTは負荷時で135W程度、アイドル時で90W程度であるため、性能差以上に消費電力の差が大きい。

 ATI Radeon HD 4670搭載ボードの実勢価格は1万1000~1万2000円程度。これに対して、ライバルとなるGeForce 9600 GT搭載製品は1万3000~2万円程度で、GeForce 9500 GTは1万~1万5000円程度だ。いずれも最安値の製品で比較すると、9500 GTより1000円高く、3000円追加すれば、上位の9600 GTが買えることになる。

 性能と消費電力のテスト結果からは、Radeon HD 4670の価格は妥当であると言える。また、GeForce 9600 GT搭載ボードはRadeon HD 4670搭載ボードに比べて一回りサイズが大きく、6ピンの補助電源を必要とする。小型のケースや電源を使っていて、消費電力を抑えながらそこそこの性能も求める人にお薦めの製品だ。


●ベンチマークテストの概要
■3DMark Vantage
 Futuremarkが提供する3D画像処理性能を測る定番ベンチマークソフト「3DMark」の最新版。この最新版ではDirectX 10に対応したほか、ゲーム中のキャラクターやオブジェクトを現実世界と同じような法則で動かすための「物理演算」をこれまで以上に取り入れている。 Windows Vistaでしか動かない。
■3DMark06
 Futuremark製の3D画像処理性能を測るベンチマークソフト。DirectX 9に対応したグラフィックス機能の処理性能を調べられる。3DMark Vantageの前のバージョン。シェーダーモデル2.0までの機能を使った「SM2.0」のテスト、シェーダーモデル3.0を利用する「HDR/SM3.0」のテスト、ゲーム中のキャラクターの動きをマルチスレッドで計算するCPU関連のテストを実行して総合スコア(3DMark Score)を得る。
■モンスターハンター フロンティア オンライン ベンチマークソフト
オンラインゲームソフト「モンスターハンター フロンティア オンライン」(カプコン)で描かれる世界を、 クオリティーの高い映像で楽しむソフト。ゲーム中のシーンを模した映像が流れて、最後にスコアが表示される。スコアはPCの性能を示す参考値で、同ソフトの動作を保証するものではない。