米Intelは2008年8月19日、米国サンフランシスコで開催中のIntel Developer Forumで、高性能を実現したというSSD(Solid State Drive)製品を発表した。

 MLCタイプのフラッシュメモリーを採用した「X25-M」と「X18-M」(80GBまたは160GB)、SLCタイプのメモリーを搭載して高速化を図った「X25-E」(32GBまたは64GB)の3機種を発売する。X25-MとX25-Eは2.5インチHDDと、X-18Mは1.8インチHDDと互換性があるサイズ。出荷時期はX25-MとX18-Mの80GB版が30日以内、X25-Eの32GB版が90日以内で、大容量のモデルは2009年の第1四半期をめどとしている。価格は未定。

 報道関係者向けの説明会では、CPUの性能の伸びに比べてHDDの性能向上は進んでいないとして、SSDに参入する意義を強調した。詳細なテスト条件は不明だが、他社製のSSDと比較して、順次読み出しで5~19倍、ランダム書き込みで1.4~8倍も高速であるとするテスト結果も公表した。チャンネルの並列化とNCQを取り入れた独自技術によって高速化したという。