台湾アスーステック・コンピューター(ASUSTeK、ASUS)は2008年7月11日、8.9型液晶ディスプレイを搭載した小型・低価格ノートパソコン「Eee PC 901-X」を、日本国内で7月12日に発売すると発表した。価格はオープン、実勢価格は約5万9800円。

 2007年末に発売した第1弾製品「Eee PC 4G-X」では7型液晶ディスプレイを搭載していた。今回の製品ではディスプレイを大きくし、解像度も1024×600ドットとした。CPUは米インテルの小型機器向け品種であるAtom N270(1.6GHz)を搭載。標準のバッテリーパックで8.3時間の連続駆動が可能。記録媒体は第1弾製品と同じくSSDを用いたが、容量を12GBに増やした。重さは1.1kg。プリインストールOSはWindows XP Home Edition。

 製品発表の記者会見において、ASUS 日本担当ゼネラル・マネージャのケビン・ドゥ氏は、Eee PCが2007年10月の発売以降、2008年6月までに世界で200万台の出荷を達成したことを表明。「バッテリー駆動時間の長さ、IEEE 802.11nやBluetoothへの対応など、低価格ノートであっても優れた性能を確保している」と自信を示した。

表1 Eee PC 901-Xの主な仕様
製品名Eee PC 901-X
CPUAtom N270(1.6GHz)
メモリー1GB(最大2GB)
ディスプレイ8.9型横長(1024×600ドット)
SSD12GB(4GB+8GB)
主なインタフェースUSB×3、LAN、無線LAN(b/g/n)、Bluetooth、アナログRGB、メモリーカード(SD)
バッテリー駆動時間約8.3時間
本体サイズ幅225mm×奥行き175.5mm×高さ22.7~39mm
重さ約1.1kg
OSWindows XP Home Edition

もっと詳しく