ジャストシステムは2008年6月18日、Windows向け日本語入力ソフト「ATOK for Windows」を月額課金制で利用できるサービス「ATOK定額制サービス」を発表した。月額300円で、ATOK for Windowsのすべての機能を利用できる。サービス開始は、2008年9月2日。同社が一般消費者向けのソフトウエアに定額制を採用するのは初めてという。

 同サービスでは「ATOK for Windows 月額版」というソフトをダウンロードして、月々の使用権を月額300円で購入する形となる(申し込み月は無料)。搭載する機能は、パッケージ版のATOK for Windowsと同等。利用期間中に新版がリリースされた場合は、追加料金なしでプログラムをアップグレード可能。またATOKの無償の体験版(利用期間は30日)を利用しているユーザーは、定額制サービスのキーを入力するだけでそのまま月額版として継続使用できる。

 同時に、1年間の使用権をパッケージ化した「ATOK for Windows スターターパック 1Year版」も発売。パッケージ版(価格はオープン)とダウンロード版(税抜きで3200円)を用意する。

 両ソフトとも、インストールするパソコンにはネットワーク接続が必要。1週間に1度程度、同社のサーバーと通信して認証を行う。一定期間認証が行われないと警告が表示され、それを無視し続けるとATOKが利用できなくなる。再度ネットワークに接続すれば認証が行われ、使えるようになるという。ATOKに新機能が追加されたり辞書が更新されたりした場合は、ネットワーク経由でユーザーに通知する機能も備える。ユーザーが許可すれば、自動的にプログラムや辞書を更新する。将来的には「ユーザー同士で自作の辞書を共有できるサービスなども用意したい」(アライアンスビジネス部 ATOKビジネスオーナー 佐藤洋之氏)という。

 同社の調査などによると、今使っている日本語入力ソフトに不満を抱いている人は少なくないが、ATOKのパッケージ版の価格(約8000円)では敷居が高いというユーザーが多かったという。「こうしたユーザーにも使ってもらえる体制を作りたかった。そこで初期導入コストを下げて、気軽に使い始めてもらえるようにした」(佐藤氏)。新規ユーザーだけでなく、アップグレードを検討する既存のATOKユーザーにとっても、定額制は選択肢の一つになりそうだ。