台湾アスーステック・コンピューター(ASUSTeK Computer、以下ASUS)は2008年6月3日、低価格ノートの新機種「Eee PC 901」など2機種3モデルと、オプションのゲーム用無線コントローラー「Eee Stick」を発表した。台湾ではEee PC 901を、1万6988台湾ドル(約5万9000円)で同日午後に発売した。日本では6月末をメドに発売する予定。

 今回発表したのは、8.9型横長液晶ディスプレイの「Eee PC 901」と、10型液晶ディスプレイの「Eee PC 1000」、同製品に内蔵のSSDをHDDに替えた「Eee PC 1000H」。いずれもCPUに米インテルの「Atom」を採用、無線LAN(a/b/g/n)とBluetoothの無線通信モジュールを備える。Eee PC 901は、Windows XP版では12GBの、Linux版では20GBのSSDをそれぞれ内蔵。Eee PC 1000はLinux版のみで、40GBのSSDを内蔵。Eee PC 1000Hは80GBのHDDを備える。きょう体のカラーは白、黒やピンクなど6色をそろえた。Eee Stickは、任天堂の「Wiiリモコン」と同様に、Eee PCと無線接続してゲームを楽しむためのコントローラー。「Eee PC 901/1000とEee Stick用として、20種類を超えるゲームを用意している」(ASUS 総経理の胡書賓氏)。

 製品発表の記者会見では、同社 執行長(CEO)の沈振来氏が映画「インディージョーンズ」を模した冒険家の衣装で登場。「ASUSはこれまでも、イノベーションと冒険の精神で製品を開発してきた。Eee PCの開発もまさにイノベーションと冒険であった。2007年のCOMPUTEXでEee PCを発表して以来、累計で150万台のEee PCを販売した。その150万人のユーザーから、多くの意見をいただいた。例えば『SSDの容量が少ない』『ディスプレイが小さい』『バッテリー駆動時間が短い』『キーボードが打ちづらい』といったものだ。それらを改善するために、8.9型と10型のEee PCを新たに投入する。これからも多くのユーザーから意見を聞き、イノベーションと冒険を続けていく」と宣言した。

 今回の製品では、きょう体背面に刻印する製品ロゴを、従来製品の「ASUS」から「Eee」に変更した。「Eee PCは2台目需要を喚起し、セカンドトレンディを起こすことができたが、我々の目標はEeeをプライマリ(最重要)のトレンドに引き上げること。今後はEee PCのほか、Eee Stickや(デスクトップ機の)Eee Boxなどを加え、Eeeブランドを確立していきたい」(胡総経理)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら