どんなに万全の対策をしていても突然のトラブルでデータが消えてしまうことがある。ここでは万が一、データ消去が起きてしまったときの対処方法を紹介しよう。

 データが消えてしまう要因は2つある。ごみ箱を空にした、OSのエラーが発生したなどのソフトウエア的な問題と、落下で衝撃を与えた場合などの物理的な問題である(図1)。

●データが読めない理由には「ソフト的」「物理的」の2つがある
図1 ファイルが記録メディアから読めなくなる理由には「ソフトウエア的(論理的と呼ぶこともある)」「物理的」の2つがある。論理的な問題であれば、市販のデータ復旧ソフトを使うことで戻せる可能性がある
[画像のクリックで拡大表示]

 このうちソフトウエアの問題であれば、ユーザーが自分で復旧できる可能性がある。復旧の作業には専用のソフトを使う(図2)。

●データ復旧ソフトはCDから起動できる機能に注目
図2 データ復旧ソフトには複数の種類がある。パソコンの起動ディスクのデータを復旧する場合には、CDやUSBメモリーから起動できるソフトを選んだ方がよい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら