10年以上も前に撮影したビデオテープ、レコードやカセットテープに録音した古い音源、懐かしいアルバムの写真やネガフィルム――。これらはそのままではパソコンなどで扱うことができない、「アナログ」な記録メディアだ(図1)。

●アナログな写真や映像を記録している主なメディア
図1 思い出深い映像や音楽、写真ほど、アナログな方法で記録されていることが多い。失われてしまう前にデジタル化しておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 これらを長時間大切にしまっておいたとしても、10年後、20年後に映像や写真を美しいまま見られるとは限らない。古いメディアであるほど、テープや紙などの素材は劣化が進む。レコードや古いフィルムなどは、再生するための機器が入手できなくなる恐れもある(図2)。

●アナログなメディアは近い将来使えなくなる恐れがある
図2 アナログな記録メディアは使われなくなってきており、関連機材を入手しづらくなると予想される。古くから保存しているメディアは、大切に保管していても経年劣化してしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 ビデオや写真を良い状態で長く保存しておきたいなら、今のうちに、パソコンで扱えるデータに変換する「デジタル化」をしておくとよい。動画ファイルや画像ファイルといったデータとして扱う方が、長期保存しやすいし、いつでも再生できる。万が一、テープや写真を紛失した場合も安心だ。

 アナログな映像や音源をデジタル化するには、専用の変換ツールを使うのが便利。ビデオプレーヤーなどとパソコンを専用のケーブルで接続。再生した映像や音声を、付属のキャプチャーソフトでファイルとして保存する。1万円以下で入手できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら