大切なデータを長期間保存するのに使うのは、ハードディスク、SSDなどのフラッシュメモリー、DVDやブルーレイなどの光学メディア、オンラインストレージといった記録メディア。いずれもメディアとしての寿命や特性が大きく異なる。それを踏まえて、長く保存しておきたい写真や動画、文書ファイルなどをどのように扱うか考える必要がある。

「3-2-1」で保存する

 実は、こうすれば絶対にデータを失わずにすむ、という決定的な管理方法というものは存在しない。ただし、ネットなどで話題になっている「3-2-1」と呼ばれるデータ保存の考え方をベースにするとよい。

 「3-2-1」の「3」は、「3つ以上のデータを作る」ことを意味する(図1)。つまり、オリジナルの元データとは別に、2つ以上のバックアップデータを作っておく。バックアップが1つだと、万が一の場合にオリジナルともども消失する危険性がある。

●大切なデータを守るための「3-2-1」ルール
図1 データを安全にバックアップするためには、「3-2-1」ルールを守ることが望ましいといわれる。より多くの場所に、多様な方法で記録しておくことが重要なポイントとなる
[画像のクリックで拡大表示]

 「2」は、「2種類以上の記録メディアを使う」ということを意味する。パソコンのハードディスクにあるデータを、外付けハードディスクにバックアップするとしよう。地震で転落し同時にデータが失われたり、ハードディスクが同時に寿命を迎えたりすることがないとはいえない。特性や寿命が異なる記録メディアにも保存しておくべきだ。

 最後の「1」は、「バックアップの1つは離れた場所に保管する」。大きな災害に備えて、オンラインストレージなどを使って外部にデータをコピーしておけば、安心だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら