モバイルバッテリーは、充電を繰り返すことで蓄えられる容量が徐々に減っていく。充電回数は、一般的な製品で500回程度だ。最近は、ソニーやパナソニックの製品などで1000回から最大2500回まで繰り返して使える製品も登場した(図1)。充電回数の上限を超えても、完全に使えなくなるわけではないが、長く安心して使いたいなら寿命や保証期間も考慮して選ぶとよい。

●500回程度は繰り返して使える
図1 500回以上繰り返して利用できるとする製品が一般的。中には、パナソニックのように2000回や2500回など、充電可能回数が多い製品もある。このほか目安にしたいのが、製品の保証期間。これも製品によって6~18カ月程度と差がある
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経パソコン 2014年11月10日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。