以前に比べ、バッテリーの持ちが悪い――。そうした疑念を感じていたら、それはバッテリーが“へたっている”せいかもしれない。

 実際、2013年1月から使用しているパソコン「ThinkPad X1 Carbon」で現在の満充電容量を見ると、工場出荷時の状態に比べ約72%に減っていた(図1)。約1年11カ月で30%近く減ったことになる。バッテリーがへたってきているのだ。

●使用後2年弱で容量が72%に
図1 2013年1月から使用している「ThinkPad X1 Carbon」(レノボ・ジャパン)。付属のユーティリティソフト「省電力マネージャー」で見ると、定格容量「46.03Wh」に対し、現時点では「33.49Wh」までしか充電できないことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリーがへたるのは、内部の化学変化が原因だ(図2)。京都大学が2012年10月に発表した研究成果によると、時間の経過に伴い、正極表面にあるコバルトが化学変化を起こし、その部分にリチウムイオンを通しにくい膜ができる。リチウムイオンの移動が妨げられることになり、結果としてバッテリー容量の低下を招くことになる。

●バッテリー内部の化学変化がへたりの原因
図2 バッテリーは時間がたつと内部の材料が化学変化を起こす。正極の表面にあるコバルトが化学反応を起こし、その部分にリチウムイオンを通しにくい薄い膜ができる。これが“へたり”の原因だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら