無線LAN親機と子機間の通信は、第三者が通信内容を盗み見できないように暗号化されている。暗号の認証方式には「WEP」「WPA」「WPA2」の3つ(個人向け認証として「WPA-PSK」「WPA2-PSK」と呼ぶこともある)。さらにWPAとWPA2には、「TKIP」と、「AES」という2種類の暗号化技術のうち1つを組み合わせて使う。従って一般向けの親機でも、計5つの暗号方式が混在する(図1)。

●親機の暗号化方式は「WPA2-PSK(AES)」を使う
図1 無線LAN親機は不正利用を防いだり、通信内容を盗み見られないようにするため、暗号がかけられている。それがWEPやWPA-PSK、WPA2-PSKと呼ばれる認証方式だ。さらにWPAとWPA2はAESとTKIPという暗号化技術が用意されている。現在の主流は、解読が困難とされているWPA2-PSK(AES)だ。この暗号化方式なら安全性が高く、通信速度にも制約がない
[画像のクリックで拡大表示]

 暗号方式が複雑化した背景には、WEPが簡単に見破られるようになったことがある。今では早くて数分、しかもスマートフォンでも暗号化キーを解読できてしまうほどまで解析されてしまった。WEPの利用が危険になり、WPA、そしてWPA2という暗号化方式が相次いで策定されたわけだ。

 ただし、一部のゲーム機はWEPやWPAまでしか対応していないものがある。このため、安全ではない暗号化方式を切り捨てられず、現在でもこれらを利用できるようになっているのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら