携帯電話の契約はそのままで、通話料金を安くできるのが、格安通話サービスである。代表的なサービスを図1にまとめた。

●格安通話サービスを比較する
図1 主な格安通話サービスをまとめた。料金以外に、仕組みや使い勝手に違いがある。LINE以外は、一般の携帯電話や固定電話との通話が可能だ。自分に合ったものを選びたい(※:ほかに月額300円の基本料が必要)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用するに当たっては、各サービスにおける仕組みの違いを知っておこう(図2)。格安通話サービスには、主に4つのタイプがある。

 「LINE」は通話機能を搭載したSNSアプリだ。データ通信を利用して音声通話をする。同じアプリをインストールしたスマートフォン同士なら無料で通話できる。ただし一般の電話番号にはかけられない。

データ通信を使って音声通話を行うアプリ。データ通信を使うので、パケット定額の契約なら追加料金は掛からない。一般の電話にはかけられない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら