LINE電話、楽天でんわ、格安音声SIMなど、通話サービスの選択肢が広がってきた。割高に感じるスマートフォンの料金を削減する大きなチャンスだ。やり方次第で、半減させることも十分可能だ。その方法を探る。

 スマートフォンの料金は高い――。そう感じたことはないだろうか。ちょっと長電話をしたら、請求額が1万円を超えてしまった、などという経験をした読者もいるのではないか(図1)。大手携帯電話事業者が提供するスマートフォンの料金プランは、ベースとなる月額料金だけでも7000円近く、さらに30秒当たり20円の通話料が上乗せされているためだ。

●高額なスマホの通話料金を安くしたい
図1 スマートフォンの通話料は、固定電話よりも高額だ。うっかり長電話すると、基本料金と合わせて1万円を超える料金になることも。こんな状況のため、通話料を下げるためのサービスがいくつも登場している。自分に最適なサービスを見極め、通話料を下げる方法を解説しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで活用したいのが、「LINE電話」「楽天でんわ」「格安音声SIM」といった、低料金で音声通話を提供する新しいサービスだ。1分6.5円と割安で通話できるサービスや、定額料金を払えばかけ放題になるものがある。これらを上手に活用する方法を考えてみよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら