「うーむ、実にあっけなくEPUBファイルができてしまった。これで終わりなのか?」

 実際には、出版を念頭に電子書籍を作り込んでいくと、細かい個所を調整したくなるものだ。そうすると、直接EPUBファイルを編集したくなるのが人情だ。

 「うん、たぶんそうだろうな」

 実は「Sigil(シギルまたはシジル)」という、とっておきのEPUB制作ソフトがある。Googleが開発したフリーソフトで、これを使いこなせば自作電子書籍の可能性がぐんと広がること間違いなしだ。

インストールして起動してみよう

 Sigilサイト(https://code.google.com/p/sigil/)のDownloadのページで、OSに合ったSigilのファイルをダウンロードする(図1)。ダウンロードしたファイルを実行してウィザード画面の指示に従えば、インストールは完了だ。

●「Sigil」をインストールする
図1 Sigilのサイトで、Windows用の実行ファイルをダウンロードして実行する
[画像のクリックで拡大表示]

 Sigilを起動すると、三つのパネルが表示される(図2)。左側が「ブックブラウザー」だ。EPUBを構成するファイルを一覧にする。中央のパネルには、ブックブラウザーで選択したファイルの中身を表示する。右側のパネルは「目次」などを示す。

●Sigilを起動する
図2 Sigilの起動直後の画面。ブックビューの表示モードになっている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら