電子書籍は読むだけのものではない。AmazonやAppleのiBooks Storeで、個人制作の電子書籍を販売できるようになってきた。

 「そうだ、オレも自作を電子化して出版しよう。そして巨万の富を築いてやる。やり方を教えろよ」

 世の中、そんなに甘くないけど…。ま、やり方を教えるのは構わんが、その代わり、一杯おごれよ。

 「よし、約束しよう」

 では、電子書籍にするWordの文書ファイルを用意する(図1)。このファイルをAmazonやiBooks Storeで配信できるEPUB形式のファイルに変換するのが電子出版の第一歩だ。

●Word文書をWebサービスで電子書籍に変換する
図1 Wordで作った原稿(DOCX形式)を用意する。ご覧のように横書きだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ここは手っ取り早くWebの変換サービスを利用しよう。筆者のお薦めはボイジャーが運営している「Romancer(https://romancer.binb.jp)」だ(現在はベータテスト中)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら