打ち合わせやプレゼンの資料で使うグラフは、わかりやすさとデザイン的な見栄えにこだわりたいもの。そこで今回は、相手に「できる!」と思わせるグラフのデザインテクニックを紹介する。

グラフにタイトルやデータラベルを加えてわかりやすくする

 Excel 2010でグラフを作成する際は、「挿入」タブを利用する。グラフ化したい部分をドラッグで選択し、「縦棒」や「折れ線」などグラフの種類を選ぶだけでOKだ。しかしこのままでは、何を表わすグラフなのかやデータの具体的な数値などがわかりにくい。そこでグラフのタイトルやデータの数値を表示する「データラベル」を追加しよう。

 グラフにはタイトルやデータラベルを個別に加えることができるが、ひとつずつ設定していくのは面倒。複数の要素をまとめて追加できる「グラフのレイアウト」を使うと便利だ。レイアウトの種類によっては追加されない要素もあるため、足りない要素は「グラフツール」の「レイアウト」から追加するといい。また縦軸のラベルが横向きで表示されて見えづらいこともあるので、そんなときは文字の向きを変更すること。

「挿入」タブから作成したグラフは、そのままでは内容がわかりづらい。「グラフツール」の「デザイン」タブを開き、「グラフのレイアウト」から好みのパターンを選択する
[画像のクリックで拡大表示]

タイトルや軸ラベルが追加されるので、クリックして文字を変更する
[画像のクリックで拡大表示]

文字の向きがおかしい場合は、「ホーム」タブの「方向」で変更する
[画像のクリックで拡大表示]

「グラフツール」の「レイアウト」タブを開き、「データラベル」からラベルの位置を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

タイトルとデータラベルを追加することで、グラフの内容がグッとわかりやすくなった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら