老後の生活資金のための金融商品の一つに「年金保険」があります。例えば、保険料として1000万円を一括で支払うと、10年後から10年にわたって毎年110万円を受け取れるといった商品です(図1)。単純に計算すると、1000万円を支払えば1100万円を受け取れるので、低い金利(=利率)の銀行預金よりも魅力的に思えるかもしれません。[注]

人気の「一括払い年金保険」とは
図1 例えば60歳時に退職金で1000万円を一括で支払うと、70歳から10年間、毎年110万円ずつ年金を受け取れる。途中で死亡したときは遺族が死亡保険金を受け取れる。
[画像のクリックで拡大表示]

[注]図1と図7は、実際にある年金保険を参考にした架空のものです。この条件と同じ年金保険の商品が存在するわけではありません。

 でも、銀行預金よりも本当に有利なのでしょうか?それを確かめるときもExcelの出番。「IRR関数」を使うと年金保険の利率を計算できます(図2~図6)。IRR関数を活用すれば、様々な金融商品を「利率」という基準で比較できます。一括支払い型だけでなく、積立型の利率にも対応します(図7、図8)。

 図1の年金保険の場合、利率は年0.66%。銀行の定期預金よりは高いようですが、この数字で20年間固定されてしまう点は頭に入れておきましょう。

Excelで利率を計算してみよう
図2 Excelで利率を計算する。A列に年齢を入力(1)。B列にはその年に出入りする額を入力する(2)(3)。支払う保険料はマイナスで、受け取る年金はプラスで入力するのがポイント。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 B列の一番下のセル(ここではB22)に数式を入力する。必ず半角で「=irr(」と入力する。「irr」とは内部収益率(Internal Rate of Return)のことで、投資の利回りを表す。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 出入りの額を入力した範囲(ここではB2からB21セルまで)をドラグで選択(1)。選択された範囲が点線で囲まれ、「=irr(」の後に選択した範囲「(B2:B21」が入力される(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「Enter」キーを押すと数式が確定して(1)(2)、計算結果が表示される。標準設定では小数点以下が四捨五入されるので、「1%」と表示されている(3)。
[画像のクリックで拡大表示]

図6 数式を入力したセルを選択。「ホーム」の「小数点以下の表示桁数を増やす」を何度かクリックする(1)。これで小数点以下まで正確な数字が表示される(2)。今回の保険商品の利率は0.66%ということがわかった。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら