パソコンを使っていると、ファイルがどんどんたまっていきます。ある程度ファイルが増えてきたら、内容や種類ごとに整理しておきましょう。後から探しやすくなります。

 お薦めはフォルダーを階層化する方法です。フォルダーの中にフォルダーを作ってファイルを振り分けます。目的のファイルに到達するまでにいくつものフォルダーを開くことになりますが、一つのフォルダーの中に大量のファイルを並べるより視認性が高まります。

 ファイルにタグを付けておくとさらに便利。特に画像は、被写体や内容で検索できるようになります。ファイルの種類によっては「評価」や「種類」でも分類できます。

42.フォルダーは階層化する【Windows 8対応】

Windowsのフォルダーは元々階層になっています。だから、自分で整理するときも階層化するのがポイント(図1)。ショートカットアイコンを上手に使えば、別々のフォルダーから一つのファイルを開くこともできます(図2、図3)。

図1 フォルダーは作成時期や内容で分けると見やすい。「新しいフォルダー」をクリックして、フォルダーを作成する。8では「ホーム」→「新しいフォルダー」とクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 一つのファイルを複数のフォルダーに入れたいときは、一方のフォルダーにファイルを、もう一方にショートカットアイコンを入れておくと便利。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 ショートカットを作るには、ファイルを右クリックして(1)、「ショートカットの作成」をクリック(2)。できたアイコンをもう一方のフォルダーにドラグ・アンド・ドロップする。
[画像のクリックで拡大表示]

なるほど絵解き事典
フォルダーとタグは役割が違う
フォルダーは日付別や内容別などでファイルを分類するために、タグは複数のフォルダーから同じ要素を持つものを抽出するために使う。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら