※ 記事中の実勢価格は2012年12月上旬時点のもの

使い終えたパソコンはきちんと処分する

 買い替えや故障などで不要になったパソコンを廃棄処分するには、「PCリサイクル」と呼ぶ制度を利用する必要がある。PCリサイクルとは、パソコンの再資源化を目的とした、使用済みパソコンを回収する仕組みのことだ。一連の処理にかかる費用をパソコンの価格に上乗せという形でユーザーが負担し、代わりに回収や再資源化などの義務をメーカー側が担うというもの。資源有効利用促進法に基づき、パソコン3R推進協会が中心となり運用している。

 PCリサイクル制度が始まった2003年10月以降の個人向けパソコンとディスプレイには「PCリサイクル」マークが付く(図1左)。マーク付きの機器であれば、廃棄時の処分料金は不要だ。

 一方、制度を導入した2003年10月より前に販売していたパソコンやディスプレイ、自作パソコンなどはマークが付いていない。これらの機器の処分には別途料金がかかる。パソコンや液晶ディスプレイだと3150円(一部4200円)、CRT搭載型のパソコンやディスプレイだと4200円(一部5250円)になる(図1右)。

●PCリサイクルマークの有無で廃棄料金が変わる
図1 2003年10月以降に発売されたメーカー製の個人向けパソコンには、「PCリサイクルマーク」が付く。マーク付きのパソコンなら廃棄費用はかからない
[画像のクリックで拡大表示]

 回収の依頼は、各メーカーの窓口に連絡して申し込めばよい(図2)。既に販売から撤退しているメーカーでも窓口を設けている場合がある。パソコン3R推進協会は、撤退メーカーを含めた受付窓口をWebサイトで公開しているので、事前に調べておこう。

●パソコンの廃棄に関する問い合わせ先
図2 パソコン廃棄の受け付けは、基本的に廃棄するパソコンのメーカーが対応する。該当するメーカーの問い合わせ先に連絡しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 回収の流れは、各メーカーでほぼ共通だ(図3)。PCリサイクルマークのないパソコンは、メーカーに申し込み料金を事前に支払う。自作パソコンなど回収窓口がないパソコンは、パソコン3R推進協会に申し込む。申し込みが完了すると専用の発送伝票が送られる。この伝票を梱包した回収対象に貼り付けて、郵便局に持ち込むか、集荷を電話などで依頼すればよい。

●廃棄パソコンの回収を依頼する手順
図3 パソコンを廃棄するときは、メーカーに連絡して発送用の伝票を手配する(左)。到着した伝票を貼り付けて発送すればよい。PCリサイクルマークのないパソコンは事前に回収料金を支払う。自作パソコンなどはパソコン3R推進協会(http://www.pc3r.jp/)に申請する(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら