テレビやレコーダーでネットワーク対応をうたう製品は増えており、最近はさらに多機能になっている。その中でパソコンなどとの連携で重要なのは「DLNA」という規格に対応しているかどうかだ。

 このDLNAは、「Digital Living Network Alliance」の略で、家電メーカーなど240社以上が参加する団体の名称だ。この団体が、異なるメーカーの機器でもLANでデータをやり取りできるようにするための「DLNAガイドライン」を2004年に策定した。最新版は、2006年10月に拡張された「DLNAVer.1.5」だ。

 テレビでのDLNA対応が早かったのは東芝で、2004年11月に発売した製品からDLNAに対応している(レコーダーは2005年11月から)。ソニーは2005年11月に発売した製品からの対応だ。その他のメーカーも2009年ごろには、DLNA対応製品の投入を始めた。この時期より後に購入したテレビやレコーダーなら、DLNA対応の可能性がある。手持ちの機器の説明書などで確認しよう。

大画面で動画を再生

 テレビがDLNAに対応している場合、パソコンにある写真やビデオを大画面で楽しめる(図1)。コンテンツを保存している、送信側のパソコンでの新たな設定は必要ない。3章で紹介した「メディアストリーミング」を有効にしていれば、自動的にDLNAサーバーとして映像を配信できる。

【パソコン内のコンテンツを大画面で楽しむ】
図1 「メディアストリーミング」の設定をしたサーバー側パソコン内のコンテンツは、「DLNA」という規格に対応したテレビで表示できる。同様の機能を備えたレコーダーもある
[画像のクリックで拡大表示]

 この映像を見るには、「DLNAクライアント」(DLNAプレーヤーともいう)機能を内蔵したテレビが必要だ(図2、図3)。ただし、メーカー各社はDLNA機能にそれぞれ独自の名称を付けていて分かりにくい。図4の一覧表や製品の説明書を参考に、該当する機能を見つけよう。テレビをLANにつないであれば、操作自体は簡単だ。DLNA機能を呼び出してサーバー名を選び、再生するファイルを開くだけで、パソコン内のコンテンツを再生できる。

 なお動画ファイルの場合、MPEG-2には必ず対応しているが、それ以外の対応は機器によって異なる。

図2 まずテレビをLANにつなぐ。通常は、テレビ背面のLAN端子とルーターをLANケーブルで接続する。写真の「ビエラX50 TH-L23X50」(パナソニック)は無線LAN機能も備えている。無線LAN機能のあるテレビの場合は、手持ちの無線LANルーターの名前(SSID)を検索して接続する
[画像のクリックで拡大表示]

図3 パナソニックの「ビエラ」シリーズの場合は、「お部屋ジャンプリンク」機能を呼び出すとLAN内のサーバーが表示される。そこから動画ファイルを選ぶとテレビで再生できる
[画像のクリックで拡大表示]

【主な家電メーカーのテレビやレコーダーのブランド名とDLNA再生機能】
図4 家電メーカーはDLNA互換の再生機能に別の名称を付けていることがある。表のような名称の機能があれば、DLNAサーバーまたはクライアント機能がある可能性が高い
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら