突然の停電でパソコンが故障――。そんなトラブルを防げるのが無停電電源装置。停電後も装置のバッテリーから電源が供給されます。ほかにも、スマートフォンの充電グッズや携帯ラジオ、ライトなど、万一に役立つデジタルグッズを紹介します。

突然の停電でもパソコンの電源が切れない

 無停電電源装置(UPSとも呼ばれる)とは「コンセント付きのバッテリー」のようなもの。停電時は、接続したパソコンに電力を供給し、しばらくの間使える。「BY50S」の場合、100ワットの機器を接続した際の駆動時間は約15分。停電時に自動的にパソコンを終了してくれるソフトが付属するので、パソコンの前にいなくても安心。

[画像のクリックで拡大表示]

コンセントで使える!スマートフォン用の充電器

 スマートフォンに付属するケーブルを差し込むことで、コンセントからスマートフォンを充電できるアダプター。手のひらサイズで、充電中も邪魔にならない。4種類から好みのデザインを選べる。なお、iPhone(アイフォーン)では使用できない。

[画像のクリックで拡大表示]

普段はLED電球、非常時は懐中電灯に変身!

 電球のソケットに差し込んでおくとLED電球、いざというとき取り外せば懐中電灯として使えるユニークなグッズ。照明として普段使っていれば自動的に充電されるので、緊急時に「充電切れで使えない」というトラブルがない。サイズはE26口金、点灯時間は3時間。

[画像のクリックで拡大表示]

パソコンのUSBで充電して使えるLEDライト

 パソコンのUSB端子で充電できるLED携帯ライト。スイッチを押すごとに、点灯→点滅→消灯と切り替わる簡単操作が魅力。本体が小さいながら明るく、手元にあると重宝する。フック付きのキャップでバッグなどに付けて持ち運べて便利。最大1.5時間使用できる。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら