Excel初心者の方は、罫線を引くときにつまずかれるケースも多いようです。Excel 2007や2010には、「ホーム」に罫線を引くボタンが用意されています(図1)。ただ、クリックすると即座に罫線が引かれるため、慣れないうちは使いにくい場合もあります。

リボンから引く罫線は事前確認できない
図1 Excel 2007、Excel 2010の「ホーム」の「フォント」欄にある(1)のボタンは、クリック1回で罫線が引かれる。(2)をクリックすれば、線の種類などを変更できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、事前に仕上がりがわかるプレビューを確認しながら、罫線を引いたり、修正したりするといいでしょう。まず、線を引きたいセルをドラグして選択し、右クリックするか、「ホーム」にある「書式」から「セルの書式設定」を選択します(図2)。

プレビューで確認しながら罫線を引く
図2 罫線を引きたいセルをドラグして選択する(1)。一つでも複数でも選択可能。選択した範囲の上で右クリックして(2)、「セルの書式設定」をクリックする(3)。
[画像のクリックで拡大表示]

 図3の「スタイル」欄は点線や二重線といった種類、「色」欄は罫線の色を指定できます。「罫線」欄では罫線を引く場所を指定します。選択したセルの四辺のどこに引くかを選択できます。罫線はプレビュー表示され、「OK」をクリックしなければ引かれません(図4)。

図3 「罫線」をクリック(1)。「スタイル」や「色」を選び(2)(3)、どの辺に引くかを「罫線」欄でクリックして指定する(4)。どのように罫線が引かれるかプレビュー表示されるので(5)、問題なければ画面下の「OK」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 図3のプレビューの通りに罫線が引かれた。
[画像のクリックで拡大表示]

 図5では、罫線の引き方を動画付きで紹介しています。ぜひご覧ください。

図5 マイクロソフトの「Excel 2007やExcel 2010で、表の枠に線を引きたい」というサポートページでは、罫線の引き方が動画付きで紹介されている。
[画像のクリックで拡大表示]

(協力:コンシューマサポート部 山口 森氏)
出典:日経PCビギナーズ 2012年12月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。