グーグルで調べものをするのは簡単です。検索欄にキーワードを入力するだけ。必要な情報が見つからないときはキーワードを変えたり、検索結果が多すぎるときはスペースで区切ってキーワードを追加したりすれば、結果を絞り込めます(図1、図2)。

 加えて、いくつかの検索機能を知っておくと、より効率的に情報を探せるようになります。例えば、検索結果の画面では、検索欄の下に並んでいるよく検索されるキーワードをクリックするだけで検索できます。

 画面の左側にも注目してください。これらは検索結果を絞り込むための機能。更新された時間を指定して最新のニュースだけを調べたり(図3)、画像や地図など、情報の種類別に表示したりできます(図4~図7)。

 キーワードの入力方法にもテクニックがあります(3ページ)。覚えておくと、特定のページに限定して検索したり、検索結果から不要なものを取り除いたりできます。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら