「グーグルマップ」は、目的の地図を簡単に探せて、様々な形式で表示できる万能な地図です。通常の検索と同様に調べたい場所を入力すれば、目的の場所の地図を表示できます(図1~図4)。地方や都道府県から絞り込むこともできます(図5、図6)。

 通常の地図のほか、写真で表示できる機能はおなじみですが、面白い表示形式がまだまだあります。起伏に富んだ地域を「地形」で立体的に表示できるだけでなく、目的地の天気や道路の渋滞情報を表示する機能もあります。

 目的地の最寄駅から歩いていくなら、「ストリートビュー」機能が便利。道路に沿って、写真を表示できます。行ったことがない場所を訪れる前に調べておけば、街並みの様子がわかるので安心です。

 グーグルマップの経路探索機能もひと味違います。電車やバスといった公共交通機関の経路だけではなく、自動車や徒歩での経路もわかります。さらに、駅から駅だけでなく直接目的の場所も指定できるので、目的の場所の最寄駅がどこか調べる必要はありません。また、最寄駅まで徒歩何分かもわかります。

[画像のクリックで拡大表示]

施設・建物名を入力して探す

 地図を見たい場所の住所か、目的の施設や建物名を入力して検索。左側に検索結果、右側に地図が表示されます。別の検索結果を選べば地図も変わります。

図1 探したい施設や建物の名前を入力して(1)、(2)をクリックする。住所を入力してもよい。「東京都港区白金」など、途中まででもOK。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 左側には入力した言葉を含む候補が、右側にはその場所を中心とした地図が表示される。最初は一番上の検索結果の地図が表示される。検索結果をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 見つかった施設の住所や写真など、詳しい情報が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら