Gメールは無料のメールサービス。メールソフトを使うことなく、ブラウザー上でメールを読み書きします(図1~図3)。グーグルのホームページを開き、「Gmail」をクリックすれば使えます。パソコンだけでなく、iPhone(アイフォーン)などでもメールを読み書きできるので、外出先でも便利です(8ページ参照)。

 7GBの容量があるので、通常の使い方なら、受け取ったメールを消すことなくすべて残しておけます。Gメールは検索機能が強力なので、メールが増えてもメール中の語句で検索すれば、目的のメールを探し出せます(図4、図5)。また、「ラベル」を付けることで内容別にメールを分類できます(図6~図8)。

 ほかにも、条件を指定してメールに自動でラベルを付けたり、迷惑メールが受信トレイに入らないように隔離したり、プロバイダーのメールをGメールに取り込んだりと、無料ながら便利な機能が満載です。

[画像のクリックで拡大表示]

メールを読む

図1 件名をクリックするとメールの本文が開く。一覧画面に戻るには、ブラウザーの「戻る」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

メールに返信する

図2 右上の「」をクリックし(1)、「返信」をクリックすると(2)、返信用のメール作成画面が開く。
[画像のクリックで拡大表示]

メールを送信する

 メールを送るときもブラウザーを使います。「作成」をクリックするとメール作成画面が開くので、アドレスや本文を入力します。

図3 「作成」をクリック(1)。宛先のアドレスは「To」、タイトルは「件名」、本文は下の欄にそれぞれ入力する(2)。完成したら「送信」をクリックする(3)。[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]メール作成をやめるには「破棄」をクリックするか、ブラウザーの「戻る」をクリックします。
メニューが英語で表示されたら

 新しくアカウントを作成した場合、画面左側の「作成」「受信トレイ」などのメニューが英語で表示される場合があります。その場合、画面右上、黒い地色が引かれているバーにある歯車のアイコンをクリックし、「Mail settings」をクリックします。「Settings」と左上に書かれた英語の設定画面が出るので、左上の「General」タブが選ばれていることを確認し、「Language」欄の「」をクリックして、一覧から「日本語」を選びます。画面をスクロールして、一番下の「Save Changes」をクリックすると日本語の表示に変わります。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら