今年の夏も電力供給がやや心許ない状況が続いている。発電所の問題だけでなく、最近増えているゲリラ豪雨に伴う雷で、近隣が停電する可能性も少なくないのだ。

 そこで注目したいのがUPS(uninterruptible power supply;無停電電源装置)だ。ふいの停電や一瞬電気の供給が途絶える「瞬断」などが起こっても、UPSがあれば安心して作業できる。大事な仕事のデータを失わないために、今年こそ導入を検討してはいかがだろう。

 今回の記事執筆のために調べて驚いたのだが、UPSの価格が驚くほど下がっているのも推奨する理由の一つだ。なんと、満足できる製品が1万円台前半で買えてしまうのだ。個人的な話しで恐縮だが、4~5年前に購入したUPSは、現在のものよりはるかに性能が低いにもかかわらず、価格は2倍以上だった。安心を買うのは素晴らしいことだが、直接的に生産性にはつながらない。だからこそ、リーズナブルなのがうれしいところだ。

 本コーナーでは、はじめてUPSを選ぶ際のポイントを紹介していこう。

今回、記事で取り上げた製品を購入できます。
(上記リンクをクリックするとNTT-X StoreのWebサイトへ飛びます)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら