「ライブラリ」はセブンの新機能。様々なフォルダーに保存したファイルを一つの画面で管理でき、写真や文書を探す手間を格段に減らせます。

保存用のフォルダーを作って登録する

 文書や写真を複数のフォルダーに分けて保存すると、どのフォルダーに保存したか忘れてしまい、いちいち探すのが面倒になります。そんなときは「ライブラリ」の出番。それぞれのフォルダーにあるファイルを一つの画面に表示できます(図1~図4)。

内蔵HDDや外付けHDDなど、異なる場所にあるファイルをひとまとめにして表示する。

図1 「スタート」→「ドキュメント」とクリックしてこの画面を開く。「対象フォルダー」の右の青い「2か所」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「ドキュメント」ライブラリで表示されるフォルダが二つある。ここで「追加」をクリック。

図3 外付けHDD(1)→登録したいフォルダ(2)とクリック。フォルダー名を確認したら(3)、「フォルダーを追加」をクリック(4)。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 フォルダーが追加できた(1)。並べ替えを変更すると(2)、保存されているフォルダーに関係なくファイルを一覧できる。
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経PCビギナーズ 2011年5月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。