セブンというと、液晶画面に指で触れて操作できるなど、派手な機能ばかりが注目されます。確かに優れた機能ですが、日々利用するものかと考えると、少し違和感があります。ホームページを閲覧したり、ワードで文書を作ったり、写真を見たりするような、“普段使い”の操作感の良し悪しなどが伝わってこないからです。そこでこの特集では、普段使いで活用すべき機能を選りすぐって紹介します。

 編集部では、「XPやビスタで感じたストレスを減らしてくれる新機能こそ重要」だと考えました。第一にソフトの起動やファイルを探して開く操作を快適にするタスクバーの活用法。誰もが直観的に使える方法を発見しました。

 もう一つは、バックアップ機能。パソコンの調子が悪くなったり、大事なファイルがなくなったりといった非常時に活躍します。編集部が失敗を乗り越えてたどり着いた、バックアップの「正しい」設定方法を公開します。

 これからセブンを導入したい人のために、「正しい引っ越し法」も紹介しています。今使っているXPやビスタからソフトやプリンターなどの周辺機器も移行したいところですが、どこから手をつけていいのか途方に暮れている人も多いと思います。それもそのはず。データを引っ越す方法については情報がたくさんありますが、周辺機器やソフトをどんな手順で移行すればよいかをまとめた情報は少ないのです。

 使い続けてわかったセブンの「正しい使い方」を、さっそく紹介しましょう!

出典:日経PCビギナーズ 2010年6月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。